塾長ブログ

中学受験は「親の受験」なのか?

塾長ブログ

中学受験カウンセラー 野田英夫です。

私たちは「SDGsに取り組んでいます」

また「週刊ダイヤモンド」4月24日号に掲載されました。

https://amzn.to/3x6C6YC
野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

中学受験カウンセラー野田英夫の記事は、
ダイヤモンド・オンラインでも好評連載中です。

中学受験は「親の受験」なのか?

世間では、

中学受験は「親の受験」だと言われている。

でも、果たしてそうであろうか?

「親の受験」だと言われるから、

問題が起きるのではないか?

少し考えてみてほしい。

小学校受験であれば、

確かに「親の受験」といえるかもしれない。

それは子どもが幼すぎるから。

幼すぎるがために、

「なぜ受験するのか?」

この問いに、

子どもから回答することは困難だからである。

「こう言いなさい」と親から言われて、

その言葉をそのまま言うことはできるかもしれない。

でも、それは自発的発言ではなく、

オウム返しである。

だから、小学校受験は「親の受験」なのだ。

では、中学受験はどうだろうか?

世間で言われるような、

「親の受験」()()ない(・・)

中学受験は「子どもの受験」で、

「子ども自身の受験」である。

中学受験を「親の受験」だと言うから、

さまざまな問題が起こる。

まずは、

「親の受験」 = 「親の責任」 となる。

先ほどの小学校受験の例でいえば、

受験の成功も、失敗も、親の責任だといえる。

子ども自身の意思で受験したのではないからだ。

では、高校受験はどうだろうか?

さらに、大学受験はどうだ?

「親の受験」とは言わないし、

不合格になって「親の責任だ」とは言わないはずだ。

(なんでも周りのせいにする輩はいるが・・・)

だったら就職活動ではどうだ?

希望の就職ができなかったとしても、

さすがに「親のせいだ」というバカ者はいない?と思うのだが。

このブログでもしょっちゅう書いていることだが、

中学受験を子どもの為の、

「自分受験」にしないといけない。

「自分受験」とは

自分のために受験することで、

勉強するもしないも自分の責任、

合格することも不合格になることも自分の責任、

他人事ではなく、自分事にする受験のこと。

私の塾では入塾する際に、

「どうして中学受験するの?」と目的を聞くようにしている。

「目的ないところに目標達成はない」と考えるからだ。

親からやらされている受験で何が手に入るのだろうか?

さて、ここで触れておきたいことがある。

中学受験は「子ども自身の受験」である、ということはわかったが、

では中学受験における「親の役割」とは何なのか?である。

中学受験における「親の役割」はとても大きい。

役割を間違えると、子どもを間違った方向に行かせてしまうこともある。

中学受験における「親の役割」は、

子どもの「応援団」に徹することである。

つねに子どものことを信じて、声援を送り続ける。

「できる」と信じる。「成功する」と信じ続け、エールを送り続けることである。

子どもが道に迷いそうになったら、

正しい道を示してあげる、

これも大事な役割である。

「応援団」だから、直接教えてはいけない。

子どもの横について教えている親がいるが、

それではいつまで経っても子どもが自立しなくなってしまう。

親子の関係も悪化する。

「だって私が教えないと授業についていけないんですもん」

と言っている親がいるが、

それでは「親の受験」である。

中学受験は、「子どもの自身の受験」だから、

親は応援団で、応援するのが役割だから、直接プレイはしない。

だから、子どもに教えることはしない。

多くの中学受験塾では、

中学受験は「親の受験」だと言い続けています。

なぜそう言うのでしょうか?

また、そういう塾では、

「授業がわからなかったら、保護者さまが教えてあげてください」と言います。

なぜ、そう言うのでしょうか?

つまり、「親の受験」と言うことで、

塾側の責任にはしたくない。

失敗したら「親の責任」としたい。

「親の受験」=「親の責任」としたいのです。

なぜ、大手集団塾の補習目的の個別指導や家庭教師があるのか?

なぜ、大手集団塾では成績順のクラス設定がされているのか?

よく考えてみてください。

あなたがどうかは知りませんが、

塾の成績を上げることに躍起になっている方へ、

もっと冷静になって考えてみてください。

その行動は「子どものため」になっていますか?

――――――――――――――

過去の事実はけっして変えられないが、

過去の解釈はいくらでも変えられる。

過去の事実に縛られると、

未来の可能性を縛ってしまうことになる。

未来の解釈をするのはあなた次第である。

            野田 英夫

―――――――――――――――――――――

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。

塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。

皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

では、また!

もし、受験のことでお困りのことがありましたら、

中学受験カウンセラーが直接に、

カウンセリング(無料)を実施します。

お申し込みフォーム

早稲田・慶應付属の中学受験なら、日本一の合格率80%の専門塾、早慶維新塾にお任せください。xn--hjux2h.jp

皆さんの受験を応援します。

お気軽にご連絡ください。

また、コメント、メッセージも

頂けると執筆の励みになります。

contact@altair-waseda-keio.jp


■書籍

野田 英夫 最新刊

『中学受験大学付属校合格バイブル』https://www.amazon.co.jp/dp/4478110921/

望月 裕一

『早稲田・慶應中学の社会 偏差値40台からの大逆転合格法』 https://www.amazon.co.jp/dp/4753934721

■ダイヤモンドオンライン

野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

■早慶維新塾:https://xn--hjux2h.jp/

■早慶ゼロワン:https://chugaku-juken.co.jp/

■りんご塾四ツ谷校:https://sansuolympic.com/school/%e5%9b%9b%e3%83%84%e8%b0%b7%e6%a0%a1/

■Facebook:https://www.facebook.com/sokeiishin/


タイトルとURLをコピーしました