合格体験記

お問い合わせ・学力診断テストのお申し込みはこちら
03-6384-2050
 お申し込みフォームはこちら

合格体験記

早稲田大学高等学院中学部に合格したS・S君

※原文そのままで掲載いたします。

早稲田中学校に合格したT・R君

※原文そのままで掲載いたします。

早稲田佐賀中学校に合格したM・K君

※原文そのままで掲載いたします。

慶應義塾中等部に合格したN・S君

※原文そのままで掲載いたします。

みなさん、こんにちは。 今回は皆さんに、中学受験に向けての心構えを伝えたいと思います。実は僕は5年生の頃は大手集団塾に入っていたのですが、先生も参ってしまうような超問題児でした。教室では友達とおしゃべりをして時間をつぶす、宿題は「忘れた」と言い訳してやって行かない。今思えば恥ずかしくなるようなことをしていました。中学受験をすると口では言いつつも、本気で向き合っていなかったと思います。 そんな僕ですが、6年生の夏を機に変わることができました。6年生の春、お父さんが早慶専門の個人塾を見つけてきて、そこに転塾したことがきっかけでした。 そこで野田先生や望月先生から、「本気で中学受験をする」ということが一体どういうことなのかを教えていただきました。最初の頃、僕は口ごたえばかりで、何度も先生に怒られました。お父さんからも本気じゃないなら中学受験はやめなさいと言われました。でも僕はやめませんでした。それにはいくつか理由があります。 よく考えると、僕は受験勉強というものは嫌い(特に暗記することは嫌い)でしたが、新しく知識を身に着けることそのものは嫌いではありませんでした。だから、まだ学校で習ってない公式を使って解いたり、新しい本を読んだりする事は楽しかったので、それをモチベーションに頑張ることができました。 僕はサッカーが大好きで小2からやってました。だから慶應中等部が東京都大会で好成績を残す強豪であることを知り、何としても入りたいと「本気」で思うようになりました。 受験勉強が嫌いなので、なるべく1回で終えたいと思いました。なので大学まで行ける学校に入りたいと思い、必死になることができました。 僕がとてもよかったと思うのは、「なぜ慶應を受験するのか」ということを、先生方と会話することで見つけることが出来たことです。6年生の春から夏にかけては、勉強を頑張ったというより、「なぜ慶應を受験するのか」ということを問い詰めた3か月だったと思います。その時の成績は、とても慶應を狙えるようなものではありませんでしたが、本気の目標が定まり、本気で頑張ることが出来たので、合格することができたのだと思います。 皆さんはどうして早慶に入りたいのですか?まず自分の気持ちを確かめてほしいと思います。その学校に行きたい理由、地元の中学では嫌な理由を書き出してみてください。もしお父さんやお母さんに勧められたから、という理由ならきっと乗り越えられないんじゃないかと思います。どうしても慶應に入りたいという理由を自分なりに見つけてほしいです。 最後に問題児だった僕を導いてくれた先生たちに感謝したいと思います。本当にありがとうございました。これからも頑張ります。
タイトルとURLをコピーしました