ブログ塾長ブログ

精神年齢は中学受験に影響するのか?

ブログ

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

中学受験カウンセラー野田英男です。

 精神年齢は中学受験に影響するのでしょうか?

「ウチの子とても幼いのですが、

中学受験には向かないのではないでしょうか?」

このような質問をよく受けます。

先に結論からいいます。

「精神年齢は中学受験に影響します」

ただし、条件がありますから、

最後まで読んでください。

中学受験というのは、

12歳時の受験ですね。

これが微妙な年齢といえます。

そして、受験勉強を始める時期を考えると、

それはさらに早い年齢となります。

仮に小学3年生から始めると9歳ですね。

高校受験(15歳)や大学受験(18歳)であれば大きな影響はありません。

しかし、中学受験では、

この精神年齢が大きく結果に左右されることになります。

ここでいう精神年齢とは、

その年齢段階で「論理的思考」が身についているかどうか。

これが大きく結果を左右します。

子どもに「論理的思考」が身についているか、

ここがポイントになります。

お子さんは「論理的思考」が身についているでしょうか?

論理的思考とは、

「伝えたい結論に向けて、根拠を筋道立てて考えること」

例えば、

「この1ヶ月、ぼくは一生懸命に勉強をした。

けれど、この試験は難関進学校向けで、

ぼくは大学付属校向けの勉強をしているから、 ➡「根拠」

試験の結果はよくないかもしれない。」 ➡「結論」

論理的思考が身についている場合、

このように「結論」にむけた「根拠」が明確になっている。

しっかり筋道が通った内容になっている。

しかし、

まだ精神的に幼い子どもだと、

そして論理的思考がまだ芽生えていない場合だと、

「この1ヶ月、ぼくは一生懸命に勉強をした。

試験の結果はよくないかもしれない。」 ➡「結論

このように結論にむけた根拠が書かれていない場合が多い。

説明が不足してしまうため(客観性の不足)、

聞き手が「どうして?」と聞き返すことが多くなる。

結論を導くための根拠や理由が不足してしまい、

そのため話のつじつまが合わないという状況です。

皆さんのお子さんは、

「論理的思考」が身についていますか?

ウチの子は論理的思考が身についていない!

だから、中学受験には向かない!

いや、ちょっと待ってください!

結論が早すぎます。

私は、先ほど、

「条件がある」と言いましたよ!

もし、お子さんに論理的思考が身についていなくても、

大丈夫です。

志望校が「大学付属校」なら、

大学付属校であれば、

大きな問題はありません!

このブログでも何度も書いていますね。

「大学付属校」の入試問題と、

「難関進学校」のそれとでは、大きく異なります。

「大学付属校」を志望校(一部の学校を除く)とするのなら、

論理的思考がまだ身についていなくても大丈夫です!

しかし、

難関進学校の場合だと、

「精神年齢は中学受験に影響します」と言わざるを得ません。

あまり偏差値を基準にはしたくないのですが、

難関進学校の場合だと、

偏差値60以上(四谷大塚)では、大きく影響してしまいます。

まだ論理的思考が備わっていない子にとって、

問われる入試問題が向きません。

偏差値60以上の学校で問われる入試問題の多くは、

受験生の論理的思考を問うものが大半だからです。

難関進学校というのは、

6年後に難関大学に入るための学校。

だから、

入試問題で論理的思考力を問うわけです。

学校側としても論理的思考が身についた生徒が欲しいのです。

だから、

あなたのお子さんが精神的にまだ幼いのだったら、

無理をさせてまで難関進学校を目指すべきではありません。

子どもに無理をさせてまで、

偏差値60以上の難関進学校を受験させる必要がありますか?

まだ論理的思考が身についていない子にとって、

難関進学校を目指す中学入試は向かないのです。

冷静になって子どもをみてあげてください。

いまの勉強、

無理をさせていませんか?

・夜、22:00過ぎまで宿題をやっている

・子どもだけで勉強が終わらせられない

・塾のクラスが下がってきている

・塾のクラスを維持するために個別指導塾に通っている

・親が教えないと塾の勉強についていけない

これらすべて子どもに無理をさせている項目です。

判断できるのは保護者の皆様だけです。

そして改善できるのも保護者の皆様だけです。

相談あればいつでも

中学受験カウンセラー野田英男まで、

お気軽にご連絡ください。

contact@altair-waseda-keio.jp

子どもに「努力は裏切らない!」と、

教えていかねばならない。

しかし、必ずしも努力は実を結んでいない。

それは、「正しい努力」が絶対条件であるからだ。

つまり、「正しい努力は裏切らない!」のだ。

私たちおとなは、

子どもたちに「正しい努力をさせる」、導いていく責任がある。

そして、「努力は裏切らない!」を教えていかねばならないのだ。

私、野田英男の「使命」は、

「かかわる子どもたちとその家族を笑顔にすること!」

※使命とは、天から与えられた自分の任務、自分の命の使い方。

―――――――――――――――――――――

過去の事実はけっして変えられないが、

過去の解釈はいくらでも変えられる。

過去の事実に縛られると、

未来の可能性を縛ってしまうことになる。

未来の解釈をするのはあなた次第である。

                野田 英男

―――――――――――――――――――――

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。

塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。

皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

では、また!

もし、受験のことでお困りのことがありましたら、

中学受験カウンセラーが直接に、

カウンセリング(無料)を実施します。

お問い合わせ

早稲田・慶應中学受験なら早慶維新塾 早慶維新塾 (xn--hjux2h.jp)

皆さんの受験を応援します。

お気軽にご連絡ください。

また、コメント、メッセージも

頂けると執筆の励みになります。

contact@altair-waseda-keio.jp

私たちは「SDGsに取り組んでいます」

また「週刊ダイヤモンド」4月24日号に掲載されました。

https://amzn.to/3x6C6YC

私の記事が「中学受験ガイド 2022」読売新聞社に掲載されました。

https://amzn.to/3xuB3l3
野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

中学受験カウンセラー野田英夫の記事は、
ダイヤモンド・オンラインでも好評連載中です。


■書籍

野田 英夫 最新刊

『中学受験大学付属校合格バイブル』https://www.amazon.co.jp/dp/4478110921/

望月 裕一

『早稲田・慶應中学の社会 偏差値40台からの大逆転合格法』 https://www.amazon.co.jp/dp/4753934721

■ダイヤモンドオンライン

野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

■早慶維新塾:https://xn--hjux2h.jp/

■早慶ゼロワン:早慶ゼロワン | 早慶付属中学校や付属中の受験を得意とする塾です。 (altair-waseda-keio.jp)

■りんご塾四ツ谷校:https://sansuolympic.com/school/%e5%9b%9b%e3%83%84%e8%b0%b7%e6%a0%a1/

■Dr.Aiss(ドクターアイズ) / 付属大学医学部への合格をめざす専門塾 (doctor-aiss.jp)

■Facebook:https://www.facebook.com/sokeiishin/


タイトルとURLをコピーしました