ブログ塾長ブログ

大学付属校は子どもをダメにするのか?

ブログ

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

中学受験カウンセラー野田英男です。

今日は、

「大学付属校は子どもをダメにするのか?」

というテーマで語ります。

 「大学付属校は子どもをダメにするのか?」

中学受験の学校には、

大きくわけて「進学校」「付属校」がある。

「進学校」には系列の大学がないため、

大学受験して大学に進学することになる。

「付属校」には系列の大学があるため、

推薦をもらって大学に進学することになる。

大きくわけると基本的にはこのような違いがある。

付属校というのは、

「〇〇大学付属(系属)●●中学校」というように、

「〇〇大学付属(系属)」という冠がつく。

つまり、大学の「付属」とか「系属」という系列の学校ということ。

だから、系列のある大学に進学することが基本となる。

そのため、中学(3年間)・高校(3年間)・大学(4~6年間)、

「10年一貫教育」をする学校ということになる。

進学校では、

大学受験が挟まるため、

「中学(3年間)・高校(3年間)」、

「6年一貫教育」をする学校ということになる。

さて、「大学付属校」では、

大学受験が基本的にはないため、

「エスカレーター校」と揶揄されることがある。

つまり、エスカレーターのように、

勝手に大学まで昇っていくことができて、

「あまり勉強しなくても…」という意味が含まれるからだ。

「中学に入ったらもう勉強したくない」

こんな理由で、

大学付属校を選ぶ人がまだいる。

しかし、

大学付属校だったら、

入ってしまったらエスカレーターのように、

勝手に大学まで行かせてくれるのだろうか?

けっしてそんなことはない

学校というのは「学ぶための場所」である。

「もう勉強したくない」という人を入学させたいとは思っていない。

「大学受験がない」「勉強しなくてもいい」

ということだ。

「大学受験がないから、勉強しなくていい」という環境にはなっていない。

付属校でも、進学校と同様に、

留年もあるし、退学もある。

しっかり学校の成績を取っていないと、

学校にいられなくなるのだ。

卒業できたとしても、

大学への推薦だってもらえない。

大学付属校というのは、

勝手に昇っていけるエスカレーターではない。

「もう勉強したくないから」という理由で、

大学付属校を選択することはやめたほうがいい。

そして、

「もう勉強しなくていいから」という理由で、

子どもに受験勉強させるのもやめたほうがいい。

どちらかというと、

大学受験がないため、

「目的」を持って進学することが必要である。

「何をしたくて大学付属校に進学したいのか?」

ここを明確にしておく必要がある。

先日も税理士法人を経営されている方が、

将来、息子を継がせたい、

早い段階で税理士資格を取らせたい、

という理由から入塾された。

大学付属校を目指すことになった。

こういう明確な「目的」をもって、

大学付属校に進学してもらいたい。

そうすれば、

「大学付属校で子どもがダメにはならない」と断言できる。

さて、

大手進学塾では、

付属校と進学校で迷っていたら、

進学校を勧める方針になっている。

「大学受験でもっと高い大学が目指せるかもしれませんよ」

「中学で子どもの可能性を狭めることはありませんよ」

「大学付属校に行ったら子どもがダメになりますよ」

などなど

進学校、特に難関進学校の合格実績を重視しているからだ。

この進路指導をどう思うか?

私には「目的をもたない中学受験」に思えてならない。

これを読んでちょっとでも気になった方は、

中学受験カウンセラー野田英男まで、

お気軽にご連絡ください。

contact@altair-waseda-keio.jp

子どもに「努力は裏切らない!」と、

教えていかねばならない。

しかし、必ずしも努力は実を結んでいない。

それは、「正しい努力」が絶対条件であるからだ。

つまり、「正しい努力は裏切らない!」のだ。

私たちおとなは、

子どもたちに「正しい努力をさせる」、導いていく責任がある。

そして、「努力は裏切らない!」を教えていかねばならないのだ。

私、野田英男の「使命」は、

「かかわる子どもたちとその家族を笑顔にすること!」

※使命とは、天から与えられた自分の任務、自分の命の使い方。

―――――――――――――――――――――

過去の事実はけっして変えられないが、

過去の解釈はいくらでも変えられる。

過去の事実に縛られると、

未来の可能性を縛ってしまうことになる。

未来の解釈をするのはあなた次第である。

                 野田 英男

―――――――――――――――――――――

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。

塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。

皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

では、また!

もし、受験のことでお困りのことがありましたら、

中学受験カウンセラーが直接に、

カウンセリング(無料)を実施します。

お問い合わせ

早稲田・慶應中学受験なら早慶維新塾 早慶維新塾 (xn--hjux2h.jp)

皆さんの受験を応援します。

お気軽にご連絡ください。

また、コメント、メッセージも

頂けると執筆の励みになります。

contact@altair-waseda-keio.jp

私たちは「SDGsに取り組んでいます」

また「週刊ダイヤモンド」4月24日号に掲載されました。

https://amzn.to/3x6C6YC

私の記事が「中学受験ガイド 2022」読売新聞社に掲載されました。

https://amzn.to/3xuB3l3
野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

中学受験カウンセラー野田英夫の記事は、
ダイヤモンド・オンラインでも好評連載中です。


■書籍

野田 英夫 最新刊

『中学受験大学付属校合格バイブル』https://www.amazon.co.jp/dp/4478110921/

望月 裕一

『早稲田・慶應中学の社会 偏差値40台からの大逆転合格法』 https://www.amazon.co.jp/dp/4753934721

■ダイヤモンドオンライン

野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

■早慶維新塾:https://xn--hjux2h.jp/

■早慶ゼロワン:https://chugaku-juken.co.jp/

■りんご塾四ツ谷校:https://sansuolympic.com/school/%e5%9b%9b%e3%83%84%e8%b0%b7%e6%a0%a1/

■Dr.Aiss(ドクターアイズ):https://www.lp-aiss.doctor-aiss.jp/

■Facebook:https://www.facebook.com/sokeiishin/


タイトルとURLをコピーしました