塾長ブログ

今の勉強法では合格できません!

塾長ブログ

中学受験カウンセラー 野田英男です。

※非公式ながら「英男」に改名しました。

私たちは「SDGsに取り組んでいます」

また「週刊ダイヤモンド」4月24日号に掲載されました。

https://amzn.to/3x6C6YC

私の記事が「中学受験ガイド 2022」読売新聞社に掲載されました。

https://amzn.to/3xuB3l3
野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

中学受験カウンセラー野田英夫の記事は、
ダイヤモンド・オンラインでも好評連載中です。

「塾の成績を上げる」勉強していませんか?

多くの皆さんは「はい」と答えると思います。

しかし、これは合格につながる勉強ではありません。

それはなぜか?

理由が気になると思いますが、

解答は後ほどにさせていただきます。

まず、以下の4つの項目をみてください。

・緊急で重要なこと

・緊急でなく重要なこと

緊急で重要でないこと

・緊急でなく重要でもないこと

ではこの4つに「優先順位」をつけて並べてください。

数字の横に書いてみてください。

①「                 」

②「                 」

③「                 」

④「                 」

できましたか?

正解はこうです。

①「緊急でなく重要なこと」

②「緊急で重要なこと」

③「緊急で重要でないこと」

④「緊急でなく重要でもないこと」

きっと多くの方の解答は、

①と②が逆になっていたはずです。

どうでしょうか?

正解は、

「緊急でなく重要なこと」が最優先となります。

でもきっと違和感があるんじゃないですか?

・「緊急で重要なこと」は、

緊急で重要なこと、なんだから、

すぐにやらなければならないんじゃないの?

その通りです。

やらなければならない。

じゃあ、「緊急で重要なこと」ってどんなことですか?

仕事だったら、

・顧客からのクレーム

・締め切りが迫った業務 など

日常であったら、

・突然の雨で洗濯物を取り込む

・給湯器の故障でお湯が出なくなった など

突発的な出来事ですよね?

緊急で重要なことだから対応しなければいけないのですが、

この出来事に生産性はありますか?

やらなければならないのは確かですが、

まったく生産性がない。

よくてもとの状態に戻すだけ、原状回復でしかない。

では、

「緊急でなく重要なこと」はどうでしょうか?

先ほどの例で説明するとこうなります。

仕事だったら、

・顧客からのクレーム

➡クレームが起きないようにするために、前もってお客様からの意見を集めておく。

・締め切りが迫った業務

➡提出がギリギリにならないようにあらかじめ業務予定をスケジュールしておく

日常であったら、

・突然の雨で洗濯物を取り込む

➡事前に天気予報をチェックしておく

・給湯器の故障でお湯が出なくなった

➡使用年数10年が経過していたら事前に修理か交換を依頼しておく

どうでしょう?

・「緊急でなく重要なこと」の方が、

優先順位が高いと思いませんか?

緊急でなく重要なこと」を優先してやっておくと、

無駄な時間を「消費」しなくなります。

つまり、「投資」になる。

さらに、「緊急で重要なこと」を減らすことができる。

緊急でなく重要なこと」を優先することは、

「未来を創造する時間」となります。

でも、多くの人は、

緊急でなく重要なこと」をおろそかにしてしまう。

「後回し」にしがち。

「忙しい」という理由で。

でもね、

だから、いつまでも忙しいまま。

改善を先延ばしにして、

ずっと忙しいまま。

どこまでも「緊急で重要なこと」に振り回される。

仕事でもそうです。

「緊急で重要なこと」ばかりに追われてる人に、

「仕事ができる人」はいない。

緊急でなく重要なこと」を最優先にすることは、

「未来を創造する時間」です。

だから、「成果」につながります。

「結果」が出やすくなります。

では、冒頭の解答を伝えましょう。

勘のいい人はもうお気づきでしょう。

なぜ「塾の成績を上げる」勉強では合格できないのか?

「緊急で重要なこと」を最優先にしてしまっているから。

そして、「緊急でなく重要なこと」に時間を回していないから。

もう少し詳しく説明しましょう。

「塾の成績を上げる勉強」というのは、

何を優先してやっていますか?

塾の「偏差値」を上げるため、

塾の「クラス」を上げるため、

塾の「テスト」で点数を取るため、

これらのための勉強ですね。

そうなんです。

緊急で重要な勉強」なんです。

だから、

生産性がなく、成果が期待できない。

目の前の勉強に追われているだけで、

ほんとうの学力が身につかない。

なぜなら、いまの勉強が目先だけで忙しいだけの勉強になっているからです。

サピックスから転塾してきた生徒が、

小5のときに習ったはずの既習単元なのに、

「教わったことがない」と回答する。

定着していないどころか、習ったことすら忘れてしまっている。

「緊急で重要な勉強」ばかりやらされているから。

いまの勉強を「緊急でなく重要なこと」にしていきませんか?

「未来を創造する時間」にしていきませんか?

つまり、「志望校に合格するための時間」にしていくのです。

塾の成績を上げたところで、

志望校合格のための勉強にはなりません。

じゃあ、何をしたらいいの?

ひとつだけ提案しましょう。

「志望校の過去問をやってください」

それも何度も何度も。

これが「ゴールからの逆算」となります。

これが「緊急でなく重要なこと」になり、

「未来を創造する時間」となり、

「志望校に合格するための時間」になります。

最後に、

「お金の使い方」は3つにわけられます。

・消費・・・生活に必要な出費

・浪費・・・生活に必要のない出費

・投資・・・生活には必要ないが出費以上のリターンが見込まれる出費

先ほどの優先順位の表に当てはめると以下のようになります。

8月8日(日)

「2時間で学べるお金の学校 マネーラボ」が開催されます。

お申し込みはこちらから

URL  https://zeroone-lp.altair-waseda-keio.jp/moneylab/

QRコード

緊急企画!夏休みの自由研究

今年のテーマは、

【お金の勉強】

~夏休みの自由研究のヒントにも!~

自由研究として提出できるレポートを作成します。

ぜひ親子で参加してください。

私野田英男の「使命」は、

「かかわる子どもたちとその家族を笑顔にすること!」

※使命とは、天から与えられた自分の任務、自分の命の使い方。

―――――――――――――――――――――

過去の事実はけっして変えられないが、

過去の解釈はいくらでも変えられる。

過去の事実に縛られると、

未来の可能性を縛ってしまうことになる。

未来の解釈をするのはあなた次第である。

               野田 英男

―――――――――――――――――――――

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。

塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。

皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

では、また!

もし、受験のことでお困りのことがありましたら、

中学受験カウンセラーが直接に、

カウンセリング(無料)を実施します。

お申し込みフォーム

早稲田・慶應付属の中学受験なら、日本一の合格率80%の専門塾、早慶維新塾にお任せください。xn--hjux2h.jp

皆さんの受験を応援します。

お気軽にご連絡ください。

また、コメント、メッセージも

頂けると執筆の励みになります。

contact@altair-waseda-keio.jp


■書籍

野田 英夫 最新刊

『中学受験大学付属校合格バイブル』https://www.amazon.co.jp/dp/4478110921/

望月 裕一

『早稲田・慶應中学の社会 偏差値40台からの大逆転合格法』 https://www.amazon.co.jp/dp/4753934721

■ダイヤモンドオンライン

野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

■早慶維新塾:https://xn--hjux2h.jp/

■早慶ゼロワン:https://chugaku-juken.co.jp/

■りんご塾四ツ谷校:https://sansuolympic.com/school/%e5%9b%9b%e3%83%84%e8%b0%b7%e6%a0%a1/

■Facebook:https://www.facebook.com/sokeiishin/


タイトルとURLをコピーしました