塾長ブログ

中学受験は「学歴」を手に入れる手段なのか?

塾長ブログ

中学受験カウンセラー 野田英夫です。

野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

中学受験カウンセラー野田英夫の記事は、
ダイヤモンド・オンラインでも好評連載中です。

最新刊 「中学受験 大学付属校合格バイブル」も好評発売中です!!

■日本はまだ「学歴社会」なのか?

日本は「学歴社会」か?

以前ほどではないとしても、

いまもわずかながら「学歴社会」といえる。

しかし、「学歴社会の終焉」がすぐそこまで来ている。

あの池上彰氏は、

日本は「学歴社会」ではなく、

学校歴社会である」と言っている。

なるほど!

「私は大卒です」では通用しないが、

「私は早稲田大学を卒業してます」というと、

評価をされる。

だって大学も選ばなければ「全入時代」ですからね。

だれだって入れる大学、そこを卒業してても、

評価なんかしてくれない。

「終身雇用」や「年功序列」が終わりを告げ、

これから先、「学歴」だけではまったく通用しない、

そんな時代がすぐそこまで来ている、

すぐそこに「実力主義」の時代が押し寄せて来ているのだ。

このブログで以前も登場してくれた私の旧友。

上場企業の人事部勤務の彼曰く  こうだ。

「確かに以前は、上の大学から、一流大学から採用していた。

上から採用していった方が、優秀な人材である確率が高まるからね。

大量採用していたから、数うち当たるの原理。」

「でも、いまは退職を見越して大量採用する時代じゃない。

上の大学から順番に採用するんじゃなく、

使える人材だけを採用するようにしている。」

「東大だから即採用なんて大昔のこと。

使えない人材だったら、東大だろうと、

早慶だろうと採用はしない。」

「ちなみに優秀な奴は給料のいいよそへ引き抜かれ、

使えない奴が会社に依存して残るね。

だから、なおさら使えない奴は採用しないようにしているね。」

以前は、

「一流大学 = 優秀な人材」と考え、

大量採用していた。

現在は、

「一流大学 ≠ 優秀な人材」と考え、

優秀な人材だけを採用している。

これが現実である。

これを聞くと、

すでに「学歴社会(学校歴社会)」が終わり、

「実力主義」に変化していると理解できるであろう。

■中学受験は「学歴」を手に入れる手段なのか?

「どうして中学受験するのですか?」

この質問に対して、

「将来いい大学に入れてあげたいから」と回答する保護者はまだ多い。

このように回答しないまでも、

「いい学歴を手に入れるため」と内心では考えているのだろう。

しかし、先述したように、

「学歴でメシが食える時代」ではないのだ。

しかし、大手進学塾はいまもこれでみんなを煽ってくる。

「学歴」を錦の御旗のごとく、振りかざしてくる。

受験生とその家族を、学歴をエサに競争原理のなかに誘い込む。

「受験勉強は早く始めた方が絶対に有利です!」

「ウチだったら開成や桜䕃なども夢ではありませんよ!」

「開成や桜䕃に入ったら東大だって夢じゃありませんよ!」

「中学受験はお母さんの頑張りが合否を決めます!」

「だから、お母さん、頑張ってください!」

「でも、上位クラスにいないと志望校には受かりませんよ!」

「だから、クラスを上げるよう努力させてください!」

「しっかり塾の成績を上げてください!」

「だから、塾の勉強は親御さんがフォローしてください!」

「では、補習のために個別指導をつけてみては?」

こうやって保護者たち(特に母親たち)を狂気させる。

そして、いまだに「難関進学校だけが中学受験である!」と信じ込ませる。

開成や桜䕃などの難関進学校の方が、

受験生やその保護者を煽りやすく、頑張らせやすいのだ。

でもね、

「難関進学校」っていうのは、

国公立や早慶などの難関一流大学に入るための学校。

言いかえれば、難関一流大学という「学歴」を手に入れるための学校。

これまで中学受験で、

何年間も受験勉強に費やして、

これからの中学と高校の6年間も、

受験勉強に子どもの貴重な時間を使わせるのですか?

中学受験で最低でも2年間、そして中学と高校の6年間、

8年以上を「学歴」を手に入れるための時間として消費させるのですか?

私も、「学歴」を否定するわけではない。

一定レベル以上の大学を卒業していた方がいいと思っている。

だから、

私が経営する塾では、

13年前から、早慶をはじめとする大学付属中学に特化した指導をしている。

(難関進学校を第一志望としている生徒は受け入れていない。)

それは大学付属校には、

・推薦があるため大学受験がない

・楽しい授業(受験に縛られない授業)

・中学・高校の6年間が充実している

・スポーツや趣味など、やりたいことに没頭できる

・入試は基本問題による出題が多い

などの多くの魅力が存在するからだ。

そして、何よりも強調したいのは、

中学・高校の6年間を自分の好きなことに費やせること。

これが一番大きいと考える。

「学歴社会」でなくなったいま、

これからの社会を生き抜いてためにも、

この6年間は、

自分を成長させ、生きる力を育てる貴重な時間となると信じている。

つい最近まで、

「付属校に行くと子どもの可能性を狭める」と言われていた。

私はその言葉を聞いて、「わかってないなあ」と思っていたものだ。

大学付属校で充実した6年間を過ごしてきた生徒たちこそ、

「可能性を広げる」と思っていたからだ。

最後に、

「学歴」というのは、

ある目的のための「手段や方法」でしかない。

では、その「目的」とは何か?

「子どもに幸せな人生を送ってほしい」

これではないのか。

「中学受験と幸せの答え」をさがしてください。

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。

塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。

皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

では、また!

もし、受験のことで

お困りのことがありましたら、
野田英夫がカウンセリング(無料)を実施します。

お問い合わせ | 早稲田・慶應中学受験なら早慶維新塾早稲田・慶應付属の中学受験なら、日本一の合格率80%の専門塾、早慶維新塾にお任せください。

xn--hjux2h.jp

皆さんの受験を応援します。

お気軽にご連絡ください。

また、コメント、メッセージも

頂けると執筆の励みになります。

contact@altair-waseda-keio.jp


■書籍

野田 英夫 最新刊

『中学受験大学付属校合格バイブル』https://www.amazon.co.jp/dp/4478110921/

望月 裕一

『早稲田・慶應中学の社会 偏差値40台からの大逆転合格法』 https://www.amazon.co.jp/dp/4753934721

■ダイヤモンドオンライン

野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

■早慶維新塾:https://xn--hjux2h.jp/

■早慶ゼロワン:https://chugaku-juken.co.jp/

■りんご塾四ツ谷校:https://sansuolympic.com/school/%e5%9b%9b%e3%83%84%e8%b0%b7%e6%a0%a1/

■Facebook:https://www.facebook.com/sokeiishin/


タイトルとURLをコピーしました