塾長ブログ

中学受験の合否はどうやって決まるのか?

塾長ブログ

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

中学受験カウンセラー野田英男です。

中学受験の合否はどうやって決まるのか?

ライバルに勝てばいいんでしょ?

それは違います!

ライバルに勝つのではなく、

入試問題に勝ってください!

多くの方が勘違いしていますが、

受験というのは、他者との競争ではありません

オリンピックでメダルを獲ろうとするなら、

他者(ライバル)との競争ですね。

上位3番目までに入らないとメダルが手に入らないのですから。

さらに、金メダルを獲ろうというなら1番にならないといけない。

これは他者との競争です。

でも、中学受験に限らず受験というのは、

ライバルとの競争ではけっしてありません。

入試問題で、

定員までの得点をとればいいのです。

その定員までの得点というのを「合格最低点」といいます。

例えば、

志望校の定員が200名だったとします。

受験者の4科合計を上から順番にソート(並べ替え)します。

定員の200番目の得点が、162点(300満点)だったとすると、

そこが「合格最低点」となります。

受験生が162点以上得点できていれば合格だし、

161点以下だったら不合格になります。

それだけです。

すごく単純だと思いませんか?

ライバルが云々なんて余地はいっさいありません。

ちなみに合格しても辞退する受験生もいますので、

定員よりさらに多くの合格者を出すことになります。

200名以上の合格者を出すことになるわけです。

さて、多くの塾では、

「クラス分け」などによって、

他の受験生をライバル視する、

過度な競争を煽る傾向が見受けられます。

ともに自己を高めあうよいライバル関係であればいいですが、

「差別」や「嫉妬」に発展してしまっている状況が多々あります。

さらに、それが生徒間だけでなく、

「保護者間」にまで広がると目も当てられません。

よその子と比較されることで、

プレッシャーを感じて子どもは「自己肯定感」を下げることになる。

「私は価値のある人間だと思うか?」

この問いに対して高校生に調査したアンケート結果がある。

(平成29年国立青少年教育振興機構調査)

日本 44.9%

米国 83.8%

中国 80.2%

韓国 83.7%

日本の若者の自己肯定感がダントツに低いことがわかります。

間違ってほしくないのは、

私は、けっして競争が悪いと言っているのではありません。

適度で健全な競争は必要だと感じています。

過度な競争がいけないと言っているのです。

行き過ぎた競争により、

「自分さえよければいい」という利己的思考が芽生え、

「他人を蹴落としてもいい」と思うようになる。

それが「差別」や「いじめ」にも発展する。

冒頭申し上げたとおり、

受験は他者との競争ではありません。

もし競争だとすれば、

「自分との競争」ではないでしょうか?

昨日の自分よりも今日の自分、

今日の自分よりも明日の自分、

「日々成長していくための競争」ではないでしょうか?

これを読んでちょっとでも気になった方は、

中学受験カウンセラー野田英男まで、

お気軽にご連絡ください。

contact@altair-waseda-keio.jp

子どもに「努力は裏切らない!」と、

教えていかねばならない。

しかし、必ずしも努力は実を結んでいない。

それは、「正しい努力」が絶対条件であるからだ。

つまり、「正しい努力は裏切らない!」のだ。

私たちおとなは、

子どもたちに「正しい努力をさせる」、導いていく責任がある。

そして、「努力は裏切らない!」を教えていかねばならないのだ。

私、野田英男の「使命」は、

「かかわる子どもたちとその家族を笑顔にすること!」

※使命とは、天から与えられた自分の任務、自分の命の使い方。

―――――――――――――――――――――

過去の事実はけっして変えられないが、

過去の解釈はいくらでも変えられる。

過去の事実に縛られると、

未来の可能性を縛ってしまうことになる。

未来の解釈をするのはあなた次第である。

                 野田 英男

―――――――――――――――――――――

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。

塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。

皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

では、また!

もし、受験のことでお困りのことがありましたら、

中学受験カウンセラーが直接に、

カウンセリング(無料)を実施します。

お問い合わせ | 

早稲田・慶應中学受験なら早慶維新塾 | 早慶維新塾 (xn--hjux2h.jp)

皆さんの受験を応援します。

お気軽にご連絡ください。

また、コメント、メッセージも

頂けると執筆の励みになります。

contact@altair-waseda-keio.jp

私たちは「SDGsに取り組んでいます」

また「週刊ダイヤモンド」4月24日号に掲載されました。

https://amzn.to/3x6C6YC

私の記事が「中学受験ガイド 2022」読売新聞社に掲載されました。

https://amzn.to/3xuB3l3
野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

中学受験カウンセラー野田英夫の記事は、
ダイヤモンド・オンラインでも好評連載中です。


■書籍

野田 英夫 最新刊

『中学受験大学付属校合格バイブル』https://www.amazon.co.jp/dp/4478110921/

望月 裕一

『早稲田・慶應中学の社会 偏差値40台からの大逆転合格法』 https://www.amazon.co.jp/dp/4753934721

■ダイヤモンドオンライン

野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

■早慶維新塾:https://xn--hjux2h.jp/

■早慶ゼロワン:https://chugaku-juken.co.jp/

■りんご塾四ツ谷校:https://sansuolympic.com/school/%e5%9b%9b%e3%83%84%e8%b0%b7%e6%a0%a1/

■Facebook:https://www.facebook.com/sokeiishin/


タイトルとURLをコピーしました