ブログ早慶算数

オリジナル『数の性質 知っとく図』 作成のおすすめ 

みなさん こんにちは!

早慶維新塾算数担当の野澤優子(のざわゆうこ)です。

新学年になってもう4ヶ月が経とうとしています。

受験勉強は順調に進んでいますか?

どのテキストでも、算数の単元学習の最初に出てくるのが数の性質関連のものです。

入試でも頻出。ここ数年出題は増加の傾向にあります。

しかし苦手な生徒が多い。

なぜなら

基礎知識が定着できてないと全く太刀打ちできない。

基礎知識を知っていても何をどう使っていいかわからない…

問題文の意味が分からない…など。

そこで、学年が変わって慣れてきた夏期講習前、比較的余裕のある今の時期に

基礎知識理解と定着・頭の中の情報整理のため、

『数の性質知っとく図』の作成をお勧めいたします。

書き方は単純です。

①1つ数字をきめる。

②ノートの中央に決めた数字を書く。

③知っていること、思いつくことを書き込む。

関連する内容も書くとよいでしょう。

こんなくだらないこと…とか、

分かりきっていること…でも構いません。

思いつくことはすべて書き込んでいきましょう。

『数の性質知っとく図』を書いていくと、

混乱していた頭の中が整理され、

目で見ることで新たな発見や、

他の知識と結びつくことが多々あります。

一度完成させ後日見直すと、

更に書き込みたくなるはず!

学習が深まっていくと書く内容がどんどん増えていきますから。

ドラゴン桜にも出てきたことで有名なメモリーツリーを、
もっと単純にしたイメージです。

以前小5の生徒に書いてもらったことがありますが、

なかなか個性的な図が出来上がりました。

早慶をはじめとする付属校の算数の入試問題は

以前に比べ難しくなっているとよく言われています。

御三家のような超難関進学校の入試となると、

基礎知識を更に発展させ、高度な思考と数的センス、テクニックが要求される問題が出題されています。

しかし大学進学を目的としない付属校において、

そこまで必要ではありません。

知識を更に深く堀り下げ発展させるのは、入学後、中学校に入ってから。

それよりも入学試験で要求されているのは

基礎知識を広い視野で多方面に向かって使いこすことです。

難しくなったと言われているのは、単純な「知識や公式にあてはめ一発正解!」

という問題が減り『使いこなす』つまり基礎知識+思考する問題が増えたからだと思います。

自由発想で作成できる『数の性質知っとく図』は

ゲーム感覚で無理なく基礎知識が定着できるものなので、

算数が苦手なお子さまでも気軽に挑戦できます。

ぜひチャレンジしてみてください。

私たちは「SDGsに取り組んでいます」

また「週刊ダイヤモンド」4月24日号に掲載されました。

https://amzn.to/3x6C6YC

私の記事が「中学受験ガイド 2022」読売新聞社に掲載されました。

https://amzn.to/3xuB3l3
野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

中学受験カウンセラー野田英夫の記事は、
ダイヤモンド・オンラインでも好評連載中です。


■書籍

野田 英夫 最新刊

『中学受験大学付属校合格バイブル』https://www.amazon.co.jp/dp/4478110921/

望月 裕一

『早稲田・慶應中学の社会 偏差値40台からの大逆転合格法』 https://www.amazon.co.jp/dp/4753934721

■ダイヤモンドオンライン

野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

■早慶維新塾:https://xn--hjux2h.jp/

■早慶ゼロワン:早慶ゼロワン | 早慶付属中学校や付属中の受験を得意とする塾です。 (altair-waseda-keio.jp)

■りんご塾四ツ谷校:https://sansuolympic.com/school/%e5%9b%9b%e3%83%84%e8%b0%b7%e6%a0%a1/

■Dr.Aiss(ドクターアイズ) / 付属大学医学部への合格をめざす専門塾 (doctor-aiss.jp)

■Facebook:https://www.facebook.com/sokeiishin/


タイトルとURLをコピーしました