ブログ塾長ブログ

なぜ中学受験では逆算式の勉強にならないのか?

ブログ

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

中学受験カウンセラー野田英男です。

 なぜ中学受験では逆算式の勉強にならないのか?

中学受験生の多くが逆算式の勉強をしていない。

これはとても残念なことだ。

受験勉強において逆算式勉強法は絶対的な効果を発揮するのに。

ちなみに大学受験においては、

赤本(過去問)を中心とした受験勉強が主流であり、

当たりまえのように逆算式で受験勉強が進められている。

「逆算式」の勉強とは、

最初に達成すべき目標をイメージして

そこから現在へ逆算して目標達成する勉強方法のことである。

効率的かつ効果的な、結果につながる勉強方法である。

逆算式は、受験において絶対である。

この逆算式の勉強でないと、

やるべきことが整理されてないため、

遠回りでムダの多い勉強になってしまうことがわかると思う。

詳しくは下矢印

「逆算思考」と「積み上げ思考」について | 早慶維新塾 (ameblo.jp)

では、中学受験生の多くがやらされている、

いまの勉強法は何なのか?

それは、

「積み上げ式」の勉強である。

達成すべき目標をイメージすることなく

日々の勉強をまさに積み上げていく勉強方法のことである。

毎日毎日、知識を重ねていくため印象よく聞こえるかもしれない。

しかし、目標をイメージせずに勉強するため、

やるべき目的が明確にならず、

遠回りでムダの多いのがわかると思う。

例えば、

陸上競技をやるのに筋肉ムキムキにしているようなものである。

強いかもしれないが、走りは遅くなることだろう。

さらに、目的地を設定せずにただ走っているようなものだ。

どこに到着するのかわからないし、ゴールへは到着しないかもしれない。

では、中学受験で、

逆算式の勉強をやらず、

なぜ積み上げ式の勉強になってしまうのだろうか?

なぜ受験生に遠回りでムダの多い勉強をさせてしまっているだろうか?

中学受験する小学生の約7割は、

大手集団指導塾に通っていると言われている。

その大手集団塾では、

学力別にクラス分けがなされている。

成績上位から下位へ、

学力競争がされているわけだ。

生徒と保護者は皆、ひとつでも上のクラスに上がりたいと考えている。

それが合格のための正しい選択だと信じて疑わないようだ。

しかし、この学力競争をさせる上で、

学力別クラス編成を成立させる上で、

絶対に不可欠な条件がある。

それは「全生徒に同じ条件で競わせないといけない」ということ。

同じ条件でないと競争にならないからだ。

同条件にすることで競争は成り立つのである。

少なくとも教室内の生徒ひとり一人に別々の授業は提供できない。

一斉授業だから当然である。

また、大学付属校を志望していたとしても、

大手集団塾では一律で皆が、難関進学校向けの授業を受けている。

※難問の多い難関進学校でないと競争が成り立たないという事情もある。

※大学付属校と難関進学校では入試問題が異なるため、

  本来は志望校別に授業も異なるべきである。

これが中学受験生の多くが積み上げ式の勉強を強いられ、

逆算式の勉強法を取り入れられない理由である。

逆算式の勉強とは何であったか?

最初に達成すべき目標をイメージして、

ゴールから現在へ逆算して目標達成する勉強方法のことである。

典型的な例として、

第一志望校の合格を目標としてイメージしてもらいたい。

例えば、第一志望校が慶應湘南藤沢中等部とした場合、

逆算式で考えた場合、慶應湘南藤沢に合格するイメージを立てることになる。

合格から現在へ逆算することで、何を勉強していけばいいかが明確になる。

慶應湘南藤沢の入試傾向を考慮して、合格に必要な受験対策をすることになる。

効率的な受験勉強になるのは当然として、合格という的を絞った勉強となるので、

合格可能性は飛躍的に上がることになる。

しかし、

一律に条件を合わせた学力競争を敷いている集団指導塾では、

遠回りでムダの多い積み上げ式の勉強法をやっている集団指導塾では、

逆算式の受験勉強は到底無理な話である。

お子様の勉強が、

積み上げ式で、

遠回りでムダの多い勉強になっていないか、

保護者の皆様が必ずチェックしてあげてください。

そこは保護者の役割だと思ってください。

これを読んでちょっとでも気になった方は、

中学受験カウンセラー野田英男まで、

お気軽にご連絡ください。

contact@altair-waseda-keio.jp

子どもに「努力は裏切らない!」と、

教えていかねばならない。

しかし、必ずしも努力は実を結んでいない。

それは、「正しい努力」が絶対条件であるからだ。

つまり、「正しい努力は裏切らない!」のだ。

私たちおとなは、

子どもたちに「正しい努力をさせる」、導いていく責任がある。

そして、「努力は裏切らない!」を教えていかねばならないのだ。

私、野田英男の「使命」は、

「かかわる子どもたちとその家族を笑顔にすること!」

※使命とは、天から与えられた自分の任務、自分の命の使い方。

―――――――――――――――――――――

過去の事実はけっして変えられないが、

過去の解釈はいくらでも変えられる。

過去の事実に縛られると、

未来の可能性を縛ってしまうことになる。

未来の解釈をするのはあなた次第である。

                 野田 英男

―――――――――――――――――――――

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。

塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。

皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

では、また!

もし、受験のことでお困りのことがありましたら、

中学受験カウンセラーが直接に、

カウンセリング(無料)を実施します。

お問い合わせ | 

早稲田・慶應中学受験なら早慶維新塾 | 早慶維新塾 (xn--hjux2h.jp)

皆さんの受験を応援します。

お気軽にご連絡ください。

また、コメント、メッセージも

頂けると執筆の励みになります。

contact@altair-waseda-keio.jp

私たちは「SDGsに取り組んでいます」

また「週刊ダイヤモンド」4月24日号に掲載されました。

https://amzn.to/3x6C6YC

私の記事が「中学受験ガイド 2022」読売新聞社に掲載されました。

https://amzn.to/3xuB3l3
野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

中学受験カウンセラー野田英夫の記事は、
ダイヤモンド・オンラインでも好評連載中です。


■書籍

野田 英夫 最新刊

『中学受験大学付属校合格バイブル』https://www.amazon.co.jp/dp/4478110921/

望月 裕一

『早稲田・慶應中学の社会 偏差値40台からの大逆転合格法』 https://www.amazon.co.jp/dp/4753934721

■ダイヤモンドオンライン

野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

■早慶維新塾:https://xn--hjux2h.jp/

■早慶ゼロワン:https://chugaku-juken.co.jp/

■りんご塾四ツ谷校:https://sansuolympic.com/school/%e5%9b%9b%e3%83%84%e8%b0%b7%e6%a0%a1/

■Facebook:https://www.facebook.com/sokeiishin/


タイトルとURLをコピーしました