塾長ブログ

どうして中学受験生の母親は子どもに厳しくしてしまうのか?

塾長ブログ

中学受験カウンセラー 野田英男です。

※非公式ながら「英男」に改名しました。

私たちは「SDGsに取り組んでいます」

また「週刊ダイヤモンド」4月24日号に掲載されました。

https://amzn.to/3x6C6YC

私の記事が「中学受験ガイド 2022」読売新聞社に掲載されました。

https://amzn.to/3xuB3l3
野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

中学受験カウンセラー野田英夫の記事は、
ダイヤモンド・オンラインでも好評連載中です。

どうして中学受験生の母親は子どもに厳しくしてしまうのか?

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

中学受験カウンセラー野田英男です。

どうして中学受験生の母親は子どもに厳しくしてしまうのか?

皆さんはどうでしょう?

厳しく叱ることはないですか?

すぐに勉強を始めない態度をみて、

ついついイライラしてしまう。

「そろそろ勉強を始めたら?」

 ↓

「まだ勉強始めないの?」

 ↓

「そろそろ勉強始めなさい!」

 ↓

「勉強始めなさいって言ってるでしょ!」

 ↓

「なんど言ったらわかるの!」

 ↓

「いい加減にしなさいっ!」

このようにどんどんエスカレートしてしまう。

まだやる氣のない中学受験生を持つ親には、

日常的なことなのかもしれません。

でも、なぜ子どもに厳しくしてしまうのか?

本日は、ここを解明していきたいと思います。

原因のひとつに、

このような感情があると思います。

「子どもにもっと勉強させたい」

「子どもにもっとやる氣になってほしい」

中学受験生の親なら当然の想いですね。

しかし、

この想いの根底には、

「人を変えたい」

そして、「人は変えられる」という考えがあるのではないでしょうか。

「人は変えられる」と思っている。

「子どもをコントロールしたい」、

だから、「子どもを変えよう」としてしまう。

でも、「変えようとしても子どもは変わってくれない」

「コントロールできない」

だから、大声を張り上げてしまう。

でも「人は変えられる」という考え、

これは「思い込み」以外の何ものでもありません

断言します。

「人を変えることはできません!」

それは自分の子どもであっても。

人を変えようとするほど、

コントロールしようとすればするほど、

精神は荒んでいきます。

「人は変えられる」と信じて疑わないから、

言葉はさらに厳しくなっていく。

どんどん言葉がエスカレートしていく。

最初は優しかった口調が、

しだいに厳しくなっていく。

自分のいうことを子どもが聞いてくれないからと、

言葉は感情的になり、さらに過激になっていく。

言っている本人の精神状態は乱れる。

もちろん、言われている子どもの自己肯定感も下がる一方だ。

これもすべて「人は変えられるという思い込み」から起きていること。

では、「人は変わらないのか?」

そんなことはありません。

「人は変わることができる」

でも、「人から変えられること」は嫌い。

そもそも皆さんは、他人から変えられたいですか?

ほとんどの人は「No!」でしょう。

そうなんです。

子どもだって、親から「変えられたくない」

そう思っているわけです。

私の塾ではカウンセリングの際に、

このように聞いています。

「お子さんとご両親の意思統一はされていますか?」と。

「子どもの意思」と「両親の意思」が合致していないと、

中学受験は成功しませんから。

もう一度いいます。

「人は変えられない。でも、人は変わることができる」

「人は変わることができる」のなら、どうしたらいいの?

「どうしたら変わってくれるの?」

それが間違いです。

「子どもを変えようとしたらダメです」

変えようとするから難しくなる。

じゃあ、どうしたらいいの?

子どもを変えようとするのではなく、

「自分が変わればいい」

自分が変わることで、

子どもに「気づき」を与えていくのです。

「気づき」を与えるだけで、

「答え」を提示するのではなく、

子ども自らが「気づき」、自らが「答え」を導き出すこと。

それで「行動」が変わります。

「子どもを変えようとするのではなく、

 まず自分が変わると決めること」

私の8歳の娘は、読書好きです。

毎週、近くの図書館に行って3冊の本を借りて読んでいます。

私は、「本を読みなさい」と言ったことは一度もありません。

では、なぜ娘は本を読むようになったのか?

それは、私がいつも読書しているからです。

それだけです。

子どもに「努力は裏切らない!」と、

教えていかねばならない。

しかし、必ずしも努力は実を結んでいない。

それは、「正しい努力」が絶対条件であるからだ。

つまり、「正しい努力は裏切らない!」のだ。

私たちおとなは、

子どもたちに「正しい努力をさせる」、導いていく責任がある。

そして、「努力は裏切らない!」を教えていかねばならないのだ。

私、野田英男の「使命」は、

「かかわる子どもたちとその家族を笑顔にすること!」

※使命とは、天から与えられた自分の任務、自分の命の使い方。

―――――――――――――――――――――

過去の事実はけっして変えられないが、

過去の解釈はいくらでも変えられる。

過去の事実に縛られると、

未来の可能性を縛ってしまうことになる。

未来の解釈をするのはあなた次第である。

              野田 英男

―――――――――――――――――――――

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。

塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。

皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

「中学受験と幸せの答え」をさがしていきましょう。

では、また!

もし、受験のことでお困りのことがありましたら、

中学受験カウンセラーが直接に、

カウンセリング(無料)を実施します。

お申し込みフォーム

早稲田・慶應付属の中学受験なら、

日本一の合格率80%の専門塾、早慶維新塾にお任せください。xn--hjux2h.jp

皆さんの受験を応援します。

お気軽にご連絡ください。

また、コメント、メッセージも

頂けると執筆の励みになります。

contact@altair-waseda-keio.jp


■書籍

野田 英夫 最新刊

『中学受験大学付属校合格バイブル』https://www.amazon.co.jp/dp/4478110921/

望月 裕一

『早稲田・慶應中学の社会 偏差値40台からの大逆転合格法』 https://www.amazon.co.jp/dp/4753934721

■ダイヤモンドオンライン

野田英夫 | 著者ページ | ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト。野田英夫の記事一覧ページ。

■早慶維新塾:https://xn--hjux2h.jp/

■早慶ゼロワン:https://chugaku-juken.co.jp/

■りんご塾四ツ谷校:https://sansuolympic.com/school/%e5%9b%9b%e3%83%84%e8%b0%b7%e6%a0%a1/

■Facebook:https://www.facebook.com/sokeiishin/


タイトルとURLをコピーしました