子どもの可能性を信じていますか?

子どもの可能性を信じていますか?

中学受験カウンセラー 野田英夫です。

https://diamond.jp/ud/authors/5eddf7bd7765617d88000000

中学受験カウンセラー野田英夫の記事は、
ダイヤモンド・オンラインでも好評連載中です。

最新刊 「中学受験 大学付属校合格バイブル」も好評発売中です!!

失敗させてしまう親たち⁉

あなたは、

子どもの可能性を信じていますか?

私はいままでに、
多くの受験生の親をみてきました。

受験を成功させる親、
失敗させてしまう親、

明確な違いが存在します。

ここでいう成功や失敗は、
ただ合格した、不合格になった、

こんな単純なことではありません。

志望校に合格しても、
その後、子どもがやる気をなくし、
入った学校を退学してしまうケース。

身体が大きくなり親より体力的に勝るようになると、
受験時の遺恨からか、親へ暴力をふるってしまうケース。

以前に勤務していた塾では、
受験が終わったら、離婚される夫婦が毎年1件はあったものです。

さて、
この失敗させてしまう親たちに、
共通することは2つ。

①子どもの可能性を信じていない

②親のための受験になっている

②親のための受験になっている、は以前のブログでも執筆しましたので、

まだお読みになって方は、ぜひお読みになってください。

「中学受験は「親の受験」なのか?」

https://ameblo.jp/doctor2017/entry-12635128475.html

成功させる親は、子どもの可能性を信じている⁉

あの発明王「トーマス・エジソン」は、
幼き頃、周囲から発達障害であると思われていました。

担任の先生からは、
「きみの頭は腐ってる!」とまで言われたそうです。

事実、トーマスは小学校を3か月で辞めさせられています。
しかし、母親はトーマスのことを見捨てませんでした。

いや、息子トーマスの無限の可能性を信じていたのです。
退学になったトーマスに自ら教育をしていったのです。

後のトーマス・エジソンの功績については、
語る必要はないでしょう。

あなたは、

子どものの可能性を信じていますか?

子どもたちには無限の可能性があるのです。
まずは親がその可能性を信じてあげてください。

可能性を信じて、子どもと接すれば、
子どもは安心し、自己肯定感を高め、
可能性を無限に拡げていくことになります。

最後に、

顕在能力とは、もうすでに発揮されている能力のことです。
潜在能力とは、まだ発揮されていない隠れた能力のことです。

潜在能力(隠れた能力)は、顕在能力(発揮されている能力)の何倍あるでしょうか?

なんと!

最低でも「30,000倍!!!!」

いまの30,000倍の能力が隠されている!

まさに「無限の可能性」ですね。

 

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。
塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。
皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

では、また!

もし、受験のことで

お困りのことがありましたら、
野田英夫がカウンセリング(無料)を
実施します。

皆さんの受験を応援します。

お気軽にご連絡ください。

また、コメント、メッセージも
頂けると執筆の励みになります。

contact@altair-waseda-keio.jp



■書籍

野田 英夫 最新刊

『中学受験大学付属校合格バイブル』https://www.amazon.co.jp/dp/4478110921/

望月 裕一

『早稲田・慶應中学の社会 偏差値40台からの大逆転合格法』 https://www.amazon.co.jp/dp/4753934721

■ダイヤモンドオンライン

https://diamond.jp/ud/authors/5eddf7bd7765617d88000000


■早慶維新塾:https://xn--hjux2h.jp/

■早慶ゼロワン:https://chugaku-juken.co.jp/

■りんご塾四ツ谷校:https://sansuolympic.com/school/%e5%9b%9b%e3%83%84%e8%b0%b7%e6%a0%a1/

■Facebook:https://www.facebook.com/sokeiishin/


 



スマホコールアクション