どうして本気で勉強してくれないの?

どうして本気で勉強してくれないの?

中学受験カウンセラー 野田英夫です。

皆さんのお子さんは、
いま本気になっていますか?
本気になって受験勉強していますか?

今日は親御様の切実な悩み、
「どうして本気で勉強してくれないの?」
これを本気で解明していきます。

著書「御三家はわかりませんが早慶なら必ず合格させます」が好評発売中です。
まだ読んでいない方は、書店にお急ぎください。
重版出来!

  • 塾長が明かす大手塾では決して教えない
    早慶合格への最短ルート
    ◆早慶に合格できる3つの理由
    ◆「普通の子」が早慶に合格できるための勉強法
    ◆面接で試験管は何をみるのか

    早慶中学完全合格マニュアル発売!

    御三家はわかりませんが早慶なら必ず合格させます

どうして本気で勉強してくれないの?

どうして多くの受験生は、
本気になって勉強してくれないのでしょうか?

本気で勉強してくれたらどんなにいいことか!

私の悩みだって消えてしまうのに!
どうしてわかってくれないの?
どうして?

受験生を持つ親御さんは、
みんな同じ悩みを抱えていますね。

大人からみれば、
がんばって勉強してくれれば、
本人だって成績が上がり、
志望校合格に近づくんだから、
だから、こんなにいいことはありません。

私だってこんなに悩まなくていいのに・・・。

でも、うちの子、
本気になって勉強してくれない・・・

今日は、
お子さんが本気になって勉強しない理由を2つ紹介します。
そして、皆さんにその解決法を伝授します。

理由①勉強する目的がわかっていないから!

本気になれない理由の1つが、
「勉強する目的がわかっていないこと」

こんな質問をしてみてください。
母親 :「どうして勉強すると思う?」
子ども:「志望校に合格するため?」
母親 :「そうだね。でも、どうして○○(名前)は中学受験するの?」
子ども:「・・・・・?」

たぶんこんな感じではないですか?
答えが返ってきたとしても、
子ども:「みんなも中学受験するし・・・」
子ども:「お母さんが中学受験しなさいって言うから・・・」
子ども:「いい会社に入れるから?」
せいぜいこんな回答ではないでしょうか。

つまり、勉強する目的を、
「受験生本人がわかっていないから」
だから本気で勉強しないんです。
いや本気になれないんです。
本気で勉強したくても、本気になれないんです。
だから、やる気だって生まれない。

「やる気」という言葉を辞書で引くと、
「進んで物事を成し遂げようとする気持ち。」とあります。

「成し遂げようと」とありますね。
でも「成し遂げようとするもの」
「するもの」自体がなければ、
やる気なんて生まれないわけです。

つまり、勉強する目的がわかっていないから、
本気で勉強できないのです。

理由②合格できる自信がない!

本気になれない理由の2つ目が、
「合格できる自信がないから」

本気になっていない受験生は、
志望校に合格できる自信がありません。
自分を信じられていない。
志望校に合格できる自分がないんです。
言いかえると、
合格している自分がイメージできないということです。

先ほどと同様に、
こんな質問をしてみてください。

母親 :「いまの勉強で合格できると思う?」
子ども:「あまり自信ない・・・」

たぶんこんな感じではないですか?

でも、もしこんな回答が返ってきたらこう続けてください。
子ども:「合格できるかもしれない」
母親 :「じゃあ、確実に合格するためには、どうやって勉強したらいいと思う?」
子ども:「もっとがんばって勉強する」
母親 :「どうやって、もっとがんばるの?詳しく教えて?」
子ども:「・・・・・もっとがんばる」

子どもは、口では「合格できる」と言っても、
本心では合格できる自信がありません。
だから、「がんばって勉強する」という抽象的なことばをいうのです。
「どうやって勉強する?」という質問に、
具体的な回答できないときは、
子どもに自分が合格しているイメージがないときです。
つまり、自信がないということ。

自信のある子の場合は、
例えば、
「6月まで1日1ページ以上国語記述問題に取り組み、国語の偏差値を6以上伸ばす」
「10月までに地理と歴史の総復習を終えて、11月から過去問で6割以上得点できるようにする」
「9月の模擬試験で算数の図形問題を克服して偏差値を5上げて、4科偏差値も60オーバーにする」
というふうに具体的で、かつ期限つきで回答できます。
これは自分が合格しているイメージがあるから。

だから両親がやるべきこと!

いま紹介した2つの理由を改善していきましょう。

理由①勉強する目的がわかっていないから!

なぜ中学受験するのか?
この中学受験する目的を家族でしっかり共有しましょう。

親として、
こういう大人になって欲しい、
こういう生き方をして欲しい、
だから、中学受験して欲しいと考えている。
子どもに真剣に伝えていってください。

すると子どもはその期待に応えようと、
本気になって勉強するようになります。

勉強する目的が理解されると、
子どもは成し遂げることがわかって、
やる気になっていくんです。

理由②合格できる自信がない!

子どもに合格できる自信をつけてあげてください。
そのためには、
家族みんなが合格を信じてあげることです。
本気で信じてあげることです。

ピグマリオン効果をご存知ですか?

ピグマリオン効果とは、
教育心理学における心理的行動の1つで、教師の期待によって学習者の成績が向上することである。(ウィキペディア)

つまり、子どもは家族から期待されると、
やる気が生まれ、成績が向上するということ。
家族が合格を信じてあげれば、
子どもも自分を信じられるようになって、
合格に近づくことができるということです。

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。
塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。
皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

では、また!
もし、受験のことでお困りのことがありましたら、
野田英夫がカウンセリング(無料)を実施します。
お気軽にご連絡ください。
また、コメント、メッセージも頂けると執筆の励みになります。
contact@altair-waseda-keio.jp