算数 レベルアップのカギは『描く』こと

算数 レベルアップのカギは『描く』こと

皆さんこんにちは!早慶維新塾算数担当 野澤優子(のざわゆうこ)です。
前回 〝算数こそ読解力が必要“って書かせていただきましたが,
今回は,読んだ後どうするかを書かせていただきます。

幼い頃から公文やそろばん、算数教室に通って、
計算に自信を持っている生徒によくあることですが、

すべてを頭の中で考え、暗算し、答えを出す…
しかも結構正解できている…

単純な計算ならそれで通用するかもしれませんが、
受験算数となると、話は別です。

算数の力をつけたい!
レベルアップしたい!

そう思うなら、
まずは『描く』ことです。

問題を解く糸口を見つけるため
問題文を整理し、条件や、やり取りを
自分なりに図示していく!

頭の中が整理でき、
かつ内容を自分の目で確認できるので、
見ながら次に何をすべきか
考えることができます。

『面倒くさい…』
よく耳にする言葉です。
そう言う生徒はそこで終了。
それ以上成績はあまり伸びません。

最初はどう描いていいかわからず、
固まってしまうかもしれません。

まずは、担当の先生の マネをしてみてください。

算数を教えている先生は必ず図示して教えています。

マネをしていくことで、
だんだんそれが自分のものになっていきます。

描けば描くほど鍛えられ、
早くて正確に処理できるようになります。

そして描きながら、
正解のための次の一手が浮かぶようになります。

こうなってくると、もう最強!

算数王 の誕生です