こんな先生に学びたい!

こんな先生に学びたい!

早慶合格への道先案内人、
早慶維新塾 塾長 野田英夫です。

かつてギリシャの教会建設地で、
仕事をしている3人の石切り職人がいました。
ある旅人が、その石切り職人たちに、
何をしているのかと聞いたところ…。

「一人目」の職人は、「この仕事で暮らしを立てているのさ」と答えました。

「二人目」の職人は、手を休めず、
「国中でいちばん上手な石切り職人になるため仕事をしているのさ」と答えました。

「三人目」の職人は、その目を輝かせ遠くの空を見あげながら
「みんなが笑顔になる教会をつくっているのさ」と答えました。

著書「御三家はわかりませんが早慶なら必ず合格させます」が好評発売中です。
まだ読んでいない方は、書店にお急ぎください。
重版出来!

  • 塾長が明かす大手塾では決して教えない
    早慶合格への最短ルート
    ◆早慶に合格できる3つの理由
    ◆「普通の子」が早慶に合格できるための勉強法
    ◆面接で試験管は何をみるのか

    早慶中学完全合格マニュアル発売!

    御三家はわかりませんが早慶なら必ず合格させます

一人目の職人は、
「お金のために仕事をしています」

二人目の職人は、
「自分のために仕事をしています」

三人目の職人は、
「みんなのために仕事をしています」

もしも皆さんが、
家族の家を建てるなら、
何人目の職人に仕事をしてもらいたいですか?

また、これが講師であったら、
何人目の講師のもとで学ばせたいですか?

もちろん「三人目」ですよね?

私の塾の講師採用では、
「一人目」は絶対に採用しません。
お金だけが目的で働くひとは必要ありません。
子どものためにならないからです。
こんな人に教わっている子どもは、本当にかわいそうです。
また、お金だけを目的に働いている人の思考は、
どこまでいっても変わることはありません。
お金に使われる人生を送ることでしょう。
ずっとそのままです。

では、「二人目」はどうでしょうか?
採用基準を設けています。
だから、採用する場合と採用しない場合があります。

「二人目」は、
「自分のために仕事する人」ですが、
「三人目」になる可能性がある人なら採用します。
思考を変えられるかどうかを判断基準としています。

「自分のため」➡「みんなのため」
このように思考を変えられる人であれば採用しています。

そして、「素直さ」を持っている人は、
「自分のため」➡「みんなのため」に思考が変わりますね。

ここを採用基準としています。

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。
塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。
皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

では、また!
もし、受験のことでお困りのことがありましたら、
野田英夫がカウンセリング(無料)を実施します。
お気軽にご連絡ください。
また、コメント、メッセージも頂けると執筆の励みになります。
contact@altair-waseda-keio.jp