「塾の自習室で勉強しているから安心!」と考えていませんか?

「塾の自習室で勉強しているから安心!」と考えていませんか?

早慶合格への道先案内人、
早慶維新塾 塾長 野田英夫です。

「塾の自習室で勉強しているから安心!」
皆さん、そう思っていませんか?
それってまったく安心できません。

実のところかなり不安です。

理由はこのあと書きますね。

著書「御三家はわかりませんが早慶なら必ず合格させます」が好評発売中です。
まだ読んでいない方は、書店にお急ぎください。

  • 塾長が明かす大手塾では決して教えない
    早慶合格への最短ルート
    ◆早慶に合格できる3つの理由
    ◆「普通の子」が早慶に合格できるための勉強法
    ◆面接で試験管は何をみるのか

    早慶中学完全合格マニュアル発売!

    御三家はわかりませんが早慶なら必ず合格させます

自習室を利用している生徒は成績不振者ばかり!

子どもが自習室を利用しているからと安心される保護者は多い。
しかし、それは自習室の現状を知らないからですね。

実は、成績のいい優秀生は自習室を利用しません。
自習室を利用している生徒たちは成績不振者ばかりです。

成績不振者というのは、
受験への意識が低い傾向がある。
あまり勉強が好きでない傾向がある。
だから集中して勉強ができない。
本音では勉強したくない子が多い。

そして、となりの子とおしゃべりが始まる。
周りもそれにつられて話を始める。
さわがしくなる。

しかし、
ほとんどの塾では自習室に管理者はいません。

手の空いている先生が、
20分おきに見まわりにいく程度。
さわがしかったら注意はしますが、
先生がいなくなったらまたさわがしくなる。

自習室というのは、
とかく勉強する環境にはないのです。

だから、成績優秀者は自習室を利用しないのです。
そもそも自習室を利用する必要がない。
家でも集中して勉強できるからですね。

自習室で勉強していると安心する親・・・

自習室がこんな状況になっているとは露知らず、
「自習室に行って勉強しなさい!」と親たちはいいます。

家ではまともに勉強しないから、
塾に行って勉強することを積極的に勧めるわけです。
塾に行けば、ちゃんと勉強してくれると思っているからです。
「塾に行けば安心!」と思っているからです。

でも、自習室では勉強していません。
「子どもたちの談話室」と化している。
そんな状況です。

ですから、
自習室に行ったからといって安心してはいけません。
勉強せず、おしゃべりしに行っている可能性があります。

先日も、入塾希望の生徒面談をしていたところ、
こんなことがありました。
事前にお母さんからは、
「塾は楽しく行っていますし、授業のない日も自習室に行って勉強しています」
そう聞いていました。
面談に来た生徒本人に話を聞いたところ、
「塾は楽しいです。毎日行っています。
友だちといろんな話ができるから。」
このように答えてくれました。

この子にとって、
塾は勉強する場所ではなかったのです。
友だちに会いにいく場所なのです。

私は、その子の当塾への入塾を不許可としました。

こんな質問をされることがあります!

カウンセリングに来られた保護者から、
こんな質問をよく受けます。

「自習室はありますか?」
「自習室に先生はいますか?」
「自習室では質問ができますか?」

回答はこうです。
「自習室ありますよ。」
「チューターの先生はいます。また指導講師も定期的に自習室に行きます。」
「自習室で質問はできますが、ほとんど質問は出ませんね。」

質問された保護者は驚きます。
どうして質問がでないのか?

早慶維新塾は、
完全個別指導です。
そして、対話型授業をしています。
一方通行の授業ではありません。

生徒がしっかり理解してから次に進めます。
理解しないまま生徒を置き去りにはしません。
授業をしっかり理解すると、
自習室で生徒から質問はでないのです。

逆に言わせてもらえば、
自習室で質問が出るということは、
「授業が理解できていない」ということ。

自習室が機能していないばかりか、
授業で理解ができない。

自習室は何をするところか?

自習室は何をするところでしょうか?

もちろん勉強するところです。
しかし、そういうことではありません。

成績を向上の3ステップをご存知ですか?

理解 ➡ 定着 ➡ 得点

授業で「理解」
自習で「定着」
テストで「得点」

この3ステップで成績が向上します。

自習室というのは、
授業で理解したことを「定着」させて、
「自分のもの」にすることなんです。

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。
塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。
皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

では、また!
もし、受験のことでお困りのことがありましたら、
野田英夫がカウンセリング(無料)を実施します。
お気軽にご連絡ください。
また、コメント、メッセージも頂けると執筆の励みになります。
contact@altair-waseda-keio.jp

 

 

 

 



スマホコールアクション
コールアクション