偏差値60の壁を越えられないお母さんへ

偏差値60の壁を越えられないお母さんへ

 

早慶合格への道先案内人、
早慶維新塾 塾長 野田英夫です。

お子さんの成績は、
「偏差値60」を越えていますか?

また、お子さんの志望校は、
偏差値60以上の学校ですか?

今回は、
「偏差値60」について語りたいと思います。

著書「御三家はわかりませんが早慶なら必ず合格させます」がまだまだ好評発売中です。
まだ読んでいない方は、書店にお急ぎください。
もうすぐ重版出来!

  • 塾長が明かす大手塾では決して教えない
    早慶合格への最短ルート
    ◆早慶に合格できる3つの理由
    ◆「普通の子」が早慶に合格できるための勉強法
    ◆面接で試験管は何をみるのか

    早慶中学完全合格マニュアル発売!

    御三家はわかりませんが早慶なら必ず合格させます

どうして偏差値60以上の学校を志望するのか?

お子さんの志望校は、
偏差値60以上の学校ではありませんか?

きっとそうだと思います。

なぜそう思うのか?

その理由は、
わざわざ中学受験しているから!

中学受験というのは、
しなくてもいい受験です。
地元の公立中学校に進学するのであれば、
あえて受験する必要はありません。

それをわざわざお金をかけて受験させるのです。
そこに欲がでるのは当然ですよね。

わざわざ受験させ、
お金をかけるのですから、
それに見合うリターンを求めるのは当たり前の心理です。

それが偏差値60以上の学校ということですね。
偏差値60以上の学校だったら、
教育投資に合ったリターンが見込めると思うわけです。

偏差値60以下の学校の評価は?

では偏差値60「以下」の学校に対する評価はどうでしょうか?

「行く価値のない学校?」
そんな評価下していませんか?

そんな見下したような評価・・・
結構いるんですよね。

「偏差値60以下だったら、行く価値なし!」
「偏差値60以下の学校だったら、公立中学に行かせます!」
いまでもよく耳にします。

でも、ホントにそれでいいんですか?
子どもの努力に対して評価していますか?

偏差値60以下の学校にも、
「素晴らしい学校」は山ほどありますよ。

もちろん行く価値はあります。
教育をしっかりしてくれて、
子どもを大きく成長する学校はたくさんあります。

簡単にいうと、
偏差値60以下の学校の多くは、
「割安感ある学校」といえます。
けっして行く価値のない学校ばかりではありませんよ。

皆さんは「偏差値60」がわかっていますか?

皆さんは、
「偏差値60」をどのくらい知っていますか?

偏差値60の全体の占有率
知ってますか?

15.87%

えっ!そうなの?

そうなんですよ!

全体の15.87%しかいないんですよ。

偏差値60以上の受験生は、
15.87%なんです。

つまり、
100人中16名しかいないんですよ!

たった16名ですよ!

だから、「偏差値60」ってスゴイんです。
超優秀生といえます。

さらに、「偏差値50」は、
どれだけいるか知っていますか?

100人中50名です。
ちょうど50名です。

でも、これだってスゴイ!
中学受験生のなかでの「偏差値50」なんです。
あえて受験する子どもたちのなかで真ん中なんですから。
「偏差値50」だって立派な成績なんですよ。


「偏差値60以下の学校だったら、公立中学に行かせます!」
この事実を知って、
同じこといえますか?

ちなみに、
「偏差値70」はどうでしょうか?

2.28%

100人中2名しかいないんですよ!

たった2名だけですよ!

 

私はこれからも思っていることを本音で書いていきます。
塾業界で蔓延している非常識を明らかにしていきます。
皆さんに少しでも早く目を覚ましてもらうために!

では、また!
もし、受験のことでお困りのことがありましたら、
野田英夫がカウンセリング(無料)を実施します。
お気軽にご連絡ください。
また、コメント、メッセージも頂けると執筆の励みになります。
contact@altair-waseda-keio.jp



スマホコールアクション
コールアクション