僕のお母さんは警察官、僕のお父さんも警察官?

僕のお母さんは警察官、僕のお父さんも警察官?

早慶合格への道先案内人、
早慶維新塾 塾長 野田英夫です。

中学受験の勉強は順調に進んでいますか?
もしかして、
子どもに向かって、
「勉強しなさい!」って、
怒鳴っていませんか?

「ときどき怒ってます・・・」って声が聞こえてきそうですが、
「はい、それでいいんです!」

「えっ!それでいいの?」
「いいんです!」

理由はこのあと説明しますね。

著書「御三家はわかりませんが早慶なら必ず合格させます」が
まだまだ好評発売中です。

まだ読んでいない方は、書店にお急ぎください。
もうすぐ重版出来!

  • 塾長が明かす大手塾では決して教えない
    早慶合格への最短ルート
    ◆早慶に合格できる3つの理由
    ◆「普通の子」が早慶に合格できるための勉強法
    ◆面接で試験管は何をみるのか

    早慶中学完全合格マニュアル発売!

    御三家はわかりませんが早慶なら必ず合格させます


※先日(6月30日)に実施された早稲田合同説明会で、
「御三家はわかりませんが早慶なら必ず合格させます」
の無料贈呈チケットを配布しました。
もの凄い反響で300名を超える応募が来ました。

応募された方へ、

順次発送いたしますので、到着までもうしばらくお待ちください。

https://amzn.to/2YDfygf

僕のお母さんは警察官?

受験生を持つお母さんは、
「ちゃんと勉強しなさい!」と怒鳴ったこと、
少なからずあることでしょう。

仕方ないですよね。
期待どおりに勉強しないんですから。
本人のためですから。
仕方ないですよ。

だから、
「さあ、どんどん怒鳴ってください!」
「怒ってください!」
いいんですよ、それで。
勉強しない子どもが悪いんですから、
怒鳴ったってかまいませんよ。

子どもが怖くて泣いたって、
ぜんぜんオーケーです。

僕のお父さんも警察官?

しかし、
怒ってもいいんですが、
次のことを必ず守ってください。

「お父さんにも協力してもらう」

逆に、
お父さんは、
「子どもに優しくしてあげる」

お母さんが子どもに怒鳴ったあと、
お父さんは、
その反対に、
「子どもに優しくしてあげる」

お母さんとの落差が大きければ大きいほど効果的です。
これでやる気になります。

優しすぎるくらい、
優しくしてください。

お父さん・・・「ごめんな、ツラかっただろ」
(●●の肩に手を置く)
お父さん・・・「●●は、頑張ってるのになあ・・・」
「お父さんからお母さんにちゃんと言っておくな」
「●●は悪くないぞ」

(間)

「だから、●●は頑張れるよな!」

(間)

●●・・・  「うん、もっと頑張る・・・」

(●●、涙を流す)

こんな感じです。

僕のお母さんは警察官、お父さんも警察官!

「グッドコップ、バッドコップ」をご存知ですか?
直訳すると、「良い警察官、悪い警察官」

刑事ドラマを観ていると、
取調室でのシーンがよく出てきますよね。

ふたりの刑事と容疑者が取調室にいる。
ひとりの刑事は、
正義感が強すぎるのか、
容疑者に対して荒々しく攻撃的で否定的な態度を取ります。
キツイ言葉で罵倒します。
ときには威圧するために、机を蹴ったり叩いたりします。

もう一方の刑事は、
いかにもベテランという感じで、
口調もおだやか、
容疑者に対して理解を示すような優しい態度で、
しかも容疑者に共感するような演出をします。
いきなり本題に入らずに世間話なんかしたりします。

こうすることで容疑者は、
キツイ刑事に対して反感、反発を抱くようになりますが、
ベテラン刑事に対しては、
自分に理解を示してくれたと思い、
信頼感を抱くようになります。
そして、態度を軟化させて真実を白状するようになる。

これをお母さんとお父さんで演じるのです!

お母さんは「バッドコップ」を演じてください!

そうなんです。
お母さんはこの「バッドコップ」を演じてください。
勉強やらないなら、厳しく叱ってください。

バッドコップを演じるのです。
怒っているフリをするのです。
あくまで演技です。
子どもをやる気にさせるための。

お父さんはグッドコップを演じてください!

ここからはお父さんの番です。
お母さんがお膳立てしたバッドコップを、
お父さんのグッドコップで最高に盛り上げてください。

子どもに寄り添ってください。
優しすぎるくらいに、
優しく優しく接してください。

最後に、
「だから、●●は頑張れるよな!」

これで「バッドコップ、グッドコップ作戦」の完成です。
子どもがやる気になります。

ちなみに、
この「バッドコップ、グッドコップ作戦」
何度もやってはいけませんよ。
効果がなくなります。
くれぐれもほどほどに。

では、また!
もし、受験のことでお困りのことがありましたら、
野田英夫がカウンセリング(無料)を実施します。
お気軽にご連絡ください。
また、コメント、メッセージも頂けると執筆の励みになります。
contact@altair-waseda-keio.jp

 

 



スマホコールアクション
コールアクション