教えることが仕事だと思っている先生に教わっていませんか? (塾講師の仕事とは)

教えることが仕事だと思っている先生に教わっていませんか? (塾講師の仕事とは)

早慶合格への道先案内人、
早慶維新塾 塾長 野田英夫です。

著書「御三家はわかりませんが早慶なら必ず合格させます」が
好評発売中です。
すごい勢いで売れています。
まだ読んでいない方は、書店にお急ぎください。

 

いい先生に教わっていますか?
お子さんはどんな先生に教えてもらっていますか?
「いい先生に教わっていますか?」

「いい先生」とは?
皆さんが考える「いい先生」とは、
どんな先生を想像しますか?

塾講師の場合、
「教え方が上手な先生」
これが真っ先に頭に浮かんだことと思います。
でも、それでいいですか?

教え方が上手な先生がいいわけではない!
塾講師の場合、
教え方が上手な先生が「いい先生」というわけではありません。

えっ、そうなの?

そうなんです。
教え方が上手な先生というのは、
だいたい話術に長けています。
話し方が上手なんですね。
だから、話に引き込まれてしまう。

でもね。
それで成績が上がるとは限らない・・・
話はおもしろかったが、
結局のところ、
重要なところが頭に残っていない。
「授業がおもしろかった」、これで終わってしまう。
テストで得点できるような知識になっていない。
だから、それで成績が上がるとは限らない・・・。

授業は楽しんで行っているのに・・・

授業は楽しんで行っているのに、
成績が上がらないのって、これが原因。
楽しかったで終わっている・・・。
授業が身についていない。

授業は楽しかったではなく、
その授業が、
有意義な授業であったか?
実のある授業であったかどうか。
おもしろいだけの授業って、
授業が好きな先生に多い。
「教えるのは趣味のようになっている先生」
授業していて、先生自身が気持ちよくなってしまっている先生。
自分の授業に酔ってしまっている人。
でも、これ、ダメでしょ!
自分のために授業しているから。

塾講師の仕事って何ですか?
こういう先生に、
「塾講師の仕事って何ですか?」
こう質問すると、
「生徒に教えることです」
このように返ってきます。

やはり、これ、ダメでしょ!

こういう先生の授業では成績は上がらない。
だって、授業して、教えて、終わりだと考えているんですよ。
それで皆さんは満足ですか?

では、
塾講師の仕事とは?

ズバリ正解は、

「成績を上げて、志望校に合格させること」

これが塾講師における
「いい先生」の定義となります。
「わかりやすい授業」を提供するのは当たり前。

そして、
生徒の成績を上げて、志望校に合格させるために、
つねに何をしなければいけないかを考え続けて、
そして行動していること。

例えば、やる気になっていない生徒がいたら、
どうしたらその子の心に火をつけられるかを考え、
やる気になるまで熱い言葉を投げ続ける。

お子さんが教えてもらっている先生はどうですか?
授業して終わっていませんか?
成績に責任を負っていますか?
結果に責任を負ってくれますか?

では、また!