親子で変わる中学受験⑪

親子で変わる中学受験⑪

親子で変わる中学受験
「お母さん、もう頑張らなくていいんです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラブレット親 大島家(仮名)
両親は一流大学を卒業後、誰もが知っている企業に就職して
社内結婚した二人です。
中学受験に挑戦している長男は、とても素直で、優しい印象を与える子です。
お母さんは超大手S塾の卒業生で、
厳しい受験競争を勝ち抜いた経験があります。
自分と同じ血の流れている息子だから自分と同じことができるはずと、
小学校1年生のころからわが子をS塾に通わせています。
自分たちができたのだからと思い込み、
子どもにも同じことを要求する。
そこからさまざまな行き違いが生じます。

本書より抜粋



スマホコールアクション
コールアクション