効果的に漢字を覚えましょう

効果的に漢字を覚えましょう

こんにちは。早慶維新塾 国語担当の清水洋平(しみずようへい)です。

今回は『漢字』についてお話をさせていただきます。

入試で必ず出題されるのが漢字です。
受験生は日々、漢字の練習をしていることと思います。

しかし、毎日漢字の練習をしているのに、漢字テストで結果が伴わない。
こういう受験生は少なくありません。

では、なぜ漢字が覚えられないのか。
その答えは簡単です。学習方法に問題があるからです。

よくあるケースとして、同じ漢字を何度も書いて覚える方法があります。
もちろん、漢字は一回書くより何度も書いて覚える方が良いでしょう。
しかし、漢字を覚える際に重要なのは漢字の持つ意味をも覚えることです。
単なる『記号』として覚えてしまうために、
漢字が書けなくなってしまうのです。

例えば『納』という漢字。
この漢字には『献上する』という意味を持っています。
だから、税であれば『納める』と書くのです。
このように、漢字の意味を覚えることで、
深く印象として残り、効率的に身に付きます。

また、一つの漢字として覚えるのではなく、
熟語を書いて覚えることも重要です。
例えば、『快』という漢字を覚えました。
この漢字には『こころよい』といった、良い意味を持っています。
なので、病気や怪我の症状が良くなることを『快方』と書き、
機嫌が悪いときには『不快』と書きます。

このように学習をしていくことで、
漢字が身につくことはもちろんですが、
語彙も増やすことにもつながります。

漢字を覚えられないのは、学習方法に原因があるのです。