国語を制する者が受験を制す

国語を制する者が受験を制す

こんにちは。早慶維新塾 
国語担当の清水洋平(しみずようへい)です。

突然ですが、みなさんに質問します。
中学受験でもっとも重要な教科は何だと思いますか?

おそらく、多くの方は『算数』とお答えになると思います。

たしかに、算数は確立された解法が存在しますし、
算数のできる生徒は受験に有利だという風潮も見られます。
また、算数至上主義を信念として掲げている
保護者や教師が多く存在しているのも事実です。

しかし、算数さえできれば本当にそれで充分でしょうか?
考えてみてください。多くの学校では、
国語も算数と同様に高配点ですよね?
さらに、国語力とは人の話を聞いて理解すること、
問題文の内容を理解することです。

お気づきになりましたか?
これって、全教科に共通して言えることだということに。

つまり、国語ができないと
すべての教科にも影響を与えるということです。
算数も問題を理解してから解くことができなければ、
得点できませんよね?
算数にも読解力が必要なのです。
社会も理科も同様のことが言えます。

国語はセンスだと考えていらっしゃる方は多いと思いますが、
そんなことはありません。

国語は正しく学べば、必ず成績が上がる教科です。
国語力を高めること。これこそが受験のスタートラインなのです。



スマホコールアクション
コールアクション